「未分類」カテゴリーアーカイブ

FX取引を始めるためには、マーケットの特徴や取引方法の基本事項を理解することが必須

FX取引を行う上では、まずマーケットの基本的な特徴を押さえておくことが重要です。
為替市場は24時間取引が行われており、休日を除いていつでも参加が可能です。
世界で最も大きな市場は、イギリスのロンドン市場です。
次いで、第2位がアメリカのニューヨーク市場、第3位が日本の東京市場です。
主要通貨としては、米ドル、ユーロ、日本円、ポンドなどがあります。
各市場の取引量や各通貨の特徴を理解し、それぞれが自分のトレードに合った通貨ペアで取引することが大切なポイントです。
初心者から上級者まで、日本のトレーダーに共通してよく利用される通貨ペアは「米ドル・円」です。
最もポピュラーな通貨ペアであり、スプレッドが狭くコスト面も有利なため、利用頻度の高い通貨ペアになっています。
FX業者の取引画面では、通貨ペアごとに為替レートが表示されます。
レートは、買値と売値の両方が並んでいます。
「BID」と「ASK」という表示がありますが、BIDは売値、ASKは買値の意味です。
両方の価格を見比べると価格差があります。
これが「スプレッド」と呼ばれるものです。
FXは為替レートの変動でリターンを得る方法ですが、たとえレートに変化がないうちに決済を済ませても、スプレッドの部分は損失が発生します。
これがFX取引においての実質的な手数料です。
ほとんどのFX業者は取引手数料無料を明記しています。
取引そのものには手数料がかからないという意味であり、実際上はスプレッドの部分がコストになっているため注意が必要です。
スプレッドの広い通貨ペアを選択すれば、それだけコストがかかることになります。
FX取引では、各FX業者がリスクについてホームページで説明しています。
利益を上げることに気を取られがちですが、こういったリスクについての説明もしっかり読んで十分に理解しておくことが大切です。
損失を出した場合にも最小限度に抑え、FX取引を安全に行うためには、リスク管理が最も重要になるからです。
リスクには様々なものがありますが、最も基本的な部分としては、為替変動とレバレッジのリスクがあります。
為替レートが自分の取引とは逆方向に進めば、損失が増えていきます。
この時に重要なのは、適切なタイミングで損切りをして、損失を大きくしないことです。
また、レバレッジによって、実際の取引額が証拠金よりも大きくなることのリスクがあります。
利益が大きくなるメリット面でもありますが、裏腹の関係として、損失もまた大きくなります。
レバレッジがかかっていることを十分に理解し、証拠金の余力に合わせて取引量を適切に調整し、リスクを抑えた取引が大切です。
証拠金を失ってしまってはトレードができなくなってしまうため、まず証拠金を守る意識が必要です。
その上で、利益を出していく方法について、トレードスタイルを確立していくことが重要です。