初心者におすすめなのはネット証券の口座を開設することである

株式や投資信託で老後の資金を作ろうとする方は、まずは証券会社の口座を開設するところから始めるのが一般的です。今まで投資をしたことがない方は、どこの証券会社の口座を開設した方が良いのかということが分からないかと思います。そこで初心者がどういった視点で証券会社の口座を開設をしていけば良いのかアドバイスさせて頂きます。 まず証券会社の口座を口座を開設するにあたって一番注目したいのが、取引手数料です。取引手数料というのは、株式や投資信託などを始める上では切っても切れないものです。この取引手数料は1%違うだけでも、かなり変わってきます。初心者の方であれば、いきなり多額の資金を株式や投資信託の取引手数料に関してはあまり気にしませんが、これがしだいに投資の経験を積むことで大きな資金を運用することになれば取引手数料が高い証券会社で運用するとそれだけ儲け額も取引手数料によって目減りしてしまいます。ですから、取引手数料というのはもっとも重視しなければいけません。 では取引手数料が安い証券会社というのはどこなのかと言いますと、それはネット専用の証券会社です。これを一般的には、ネット証券と呼ばれています。店舗を構えている証券会社と比べて、店舗を持たないことで店舗のコストと店舗に配属するスタッフの人件費などのコストを大幅にコスト削減することができます。その分、顧客に取引手数料という部分を還元しています。これが店舗を構えている証券会社だと、店舗や人件費などが大幅にかかるため取引手数料を下げることが難しいです。 以上のことから、証券会社の口座を開設するならばネット証券をおすすめします。初心者の場合であってもネット証券の口座を開設しておけば、いずれ投資の経験を積んだあともそのままネット証券を利用し続けていくことができます。 次に取引ツールが操作しやすいかどうかを考えていきます。これに関しては、実際に自分に合うかどうか操作してみないと分かりませんので、こちらは複数のネット証券の口座を開設して自分に合った取引ツールのあるネット証券を選別していくしかありません。初心者の場合には、Web取引ツールだけでなく、アプリを取引ツールもあるネット証券の方がおすすめです。最近のネット証券では、アプリの取引ツールも充実していて初心者でも操作がしやすいように工夫されていることが多いです。 なおネット証券の口座を複数開設しても口座維持の手数料は0円なので、気に入ったネット証券の口座は複数口座しておいて問題ありません。